2019年12月号(№821)

2019年12月号(№821)

    商品詳細

    京料理の初めから終わりまでの組み立ての詳細を名店で教えていただき、 四季を楽しむ京懐石では、季節を見事に表現する懐石料理の世界観を、 名旅館・老舗旅館で味わう京料理では、しつらえも美しい京旅館の味を掲載。 庭が美しい京料理店では、古都の風情が香るさまざまな庭園を眺めながら、 町家構えが綺麗な京料理店では、京町家に居ながら味わえる料理の数々を、 おすすめ昼の京料理では、本物の味を少し気軽に味わえるお店を紹介します。 広がりを魅せる新たな京料理の逸品で、次世代の新しい京料理への取り組みを、 そして最後に京料理の成り立ちと食文化を、分かりやすく説明していきます。

    商品コード gekkan201912
    価格 800 (本体価格:728円)

    商品を購入する

    個数を入力してください  

    お知らせ

    2020.01.10

    12月27日に発売した「月刊 男の隠れ家」(三栄書房)に、編集顧問 山岡祐子が、左京の食についてのエッセイを執筆いたしました。

    2019.10.11

    月刊京都2019年11月号の掲載内容に誤りがございましたので、お知らせいたします。

    2019.07.17

    7月15日、平安女学院のエディ・カフェで、「講座とクイズで祇園祭を楽しむ会」が行われました。

    Facebook

    白川書院オンラインショップ

    年間購読のお申し込みはこちら