お知らせ

2020.01.10

『月刊 男の隠れ家』2020年2月号に編集顧問の山岡祐子がエッセイを書きました

 12月27日発売『月刊 男の隠れ家』2020年2月号に、白川書院編集顧問の山岡祐子がエッセイを書いています!

エッセイタイトルは「左京に育つ馴染みの味と、『京の底冷え』に挑む洛中の味」

洛外は、左京区生まれの編集顧問が、地域の味とそこに流れる空気を見開きのエッセイで書いています。

依頼原稿のテーマ、「京都郊外の魅力と、そこで味わう京都の味」だったようで、かなり苦心しました。(本人の弁)

さて、どんな内容になっているのでしょうか。

『男の隠れ家』とは、刊行25年目を迎える中高年男性・夫婦向けの一般総合雑誌。旅をメインにしていて、2月号の特集は、「冬を味わう奥・京都の名店」。喧騒から離れて過ごす古都の夜として、美食20軒や、京漬物トピック。酒どころ「伏見」の銘酒が紹介されています。エッセイはその巻頭に登場しています。この場を借りてお礼申し上げます。

続く美食とは、もはや隠れ家とはいえないような洛外の名店がずらり。地域に愛され、しかも地域の歴史を知り尽くして、おもてなしも抜群。こんな店の常連になってみたいものです。

●『月刊 男の隠れ家』 創刊1997年5月号 発売元 三栄書房

●発売12月27日(毎月27日)

●価格 770円(本体700+税)

男の隠れ家デジタルはこちらから 

お知らせ

2020.01.10

12月27日に発売した「月刊 男の隠れ家」(三栄書房)に、編集顧問 山岡祐子が、左京の食についてのエッセイを執筆いたしました。

2019.10.11

月刊京都2019年11月号の掲載内容に誤りがございましたので、お知らせいたします。

2019.07.17

7月15日、平安女学院のエディ・カフェで、「講座とクイズで祇園祭を楽しむ会」が行われました。

Facebook

白川書院オンラインショップ

年間購読のお申し込みはこちら