地元発、京を楽しむ大人マガジン

古くて新しい京都の魅力が京都らしさ。

その奥深き京都をヒト、モノ、コトの視点で掘り下げる京都通御用達の一冊。

それが月刊京都です。 

『月刊京都』年間購読

『月刊京都』最新号

No.817 2019年8月号 (7月10日発売)

禅寺の魅力

室町時代、足利義満に定められた京都五山をはじめ、

京には、すばらしい臨済宗の禅宗寺院があります。

五山別格の南禅寺にはじまり、天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、

いまは東福寺塔頭の万寿寺。そして、大徳寺、妙心寺。

それぞれの大本山では三門などの建築物に、法堂に描かれた龍、

方丈の庭園や襖絵など、実際に鑑賞できるものも多くあります。

各禅宗寺院の子院である塔頭や各派の寺院でも庭などを拝観でき、

坐禅体験や高僧の法話を拝聴できる所も少なくありません。

また、禅の楽しみとして、各大本山ゆかりの精進料理に、

門前の豆腐料理やお菓子店なども紹介しています。

禅寺の魅力を余すことなく、お伝えします。

祇園祭おすすめ本

月刊京都 2019年7月号(№816)

宵山風景では、前祭、後祭それぞれの宵山の情景を、 今年の山鉾図鑑は、霰天神山と北観音山を徹底取材。 通りごとに訪ねる山鉾の企画では、各山鉾全基の 最新情報を地図で歩く山鉾めぐりとして案内します。 本来の祭りの神髄である神輿渡御の姿も詳しく、 祇園祭グッズが面白い!では、つい欲しくなる商品を、 祇園祭行事日程や、山鉾の御朱印を集めよう、

知っておきたい山鉾の名称、由来や歴史なども掲載。 連載季節の京菓子で、四条油小路にある亀屋良長を 編集部のおすすめ粋な店は、四条烏丸界わいの飲食店、 新連載京都 ふしぎの玉手箱も、祇園祭余話を紹介。 もりだくさんの祭り情報を選りすぐってお届けします。

新版 祇園祭のひみつ

祇園祭の取材を重ねて30年!『月刊京都』が送る「祇園祭本」の決定版『祇園祭のひみつ』。

祇園祭の行事を日付順に網羅しているので、「今日はどこでどんな行事が行われているのか」ということが一目でわかる!

表紙はリバーシブル使用。表紙裏は山鉾町マップになっているので、本書を持ち歩きながら鉾町をめぐれます!

他の祇園祭本とは一味違う、風流を楽しむ大人のための一冊です!

◆著者名:編・白川書院

◆定価:1,296円

◆ISBN:ISBN978-4-7867-0081-1 C0026

◆サイズ:A5判製・168頁(カラー96頁・モノクロ72頁)

ご購入はこちら

祇園祭山鉾御朱印帳

祇園祭の山鉾で御朱印をいただくのにぴったりな御朱印帳です。

モダンなアラベスクやペルシャ文様を取り入れた市松模様のデザインの表紙は、ひとつひとつ丁寧に手貼りされています。

総ページ数が48面もあるので、山鉾だけでなく祇園祭関連の神社などで御朱印をいただくことも! あなただけの祇園祭専用御朱印帳にアレンジできます。

帯にもご注目! 帯のミシン線を切り取れば、なんとしおりに! どこの山鉾まで押印したか、という目印になります。また、吸い取り紙として使う事も。朱肉などが次のページに写らないように押さえるのにとっても便利!

◆定価:1300円(税別)

◆ISBN:978-4-7867-0080-4 C0000

◆サイズ:四六判

ご購入はこちら

一般書籍(最新刊、おススメ本など)

NEW! 『 「女子力」を活かすホスピタリティ教育 』―女子大学 おもてなし教育への新たな可能性―

おもてなし教育の可能性を探る1冊

国際観光学部発祥の地は、京都の小さな女子大だった。
教室での実践、部活動を通しての“おもてなし女子”の本音は?
彼女たちを育てた大学教員が綴る12年間の奮闘記。
女子大の観光学部は、なぜ生まれ、これからどこへ向かうのか?
数々のデータと経験から、おもてなし教育への可能性を探り、
明日に向かうヒントを読み解く。

◆著者:永田美江子(ながたみえこ)
立命館大学大学院先端学術研究科博士課程修了、博士(学術)。接遇マナー講師、経営コンサルタント会社勤務を経て、現在、平安女学院大学国際観光学部准教授。

◆判型 四六判上製
◆頁数 248頁
◆定価 本体2,700円+税
◆発行 白川書院
◆ISBN 978-4-7867-0084-2 C3036

ご購入はこちら


好評発売中! 御所西 乙女さんぽ

初めての御所西写真集!

京都御所を中心に西に広がる一帯は「御所西」と呼ばれ、平安京創建の頃から栄えた由緒ある土地柄です。

『御所西 乙女さんぽ』は、この「御所西」の美しいシーンばかりを集めた初めての写真集。

京都御所や御苑内の各施設、神社仏閣、伝統芸能や博物館、長い歴史を誇る教育施設など180点の選りすぐりの写真を掲載しています。さらに、この地にある史蹟の成り立ちや歴史、住まいした町衆のことなどもあわせてコラムで紹介しています。


◆著者 編集:「御所西乙女さんぽ」制作委員会/撮影:北奥耕一郎(日本写真家協会会員、京都観光おもてなし大使)/イラスト:中川学(白川書院/「月刊京都」表紙、汐文社/絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」挿絵など)

◆発行日 10月下旬予定

◆ISBN 978-4-7867-0083-5 C0072

◆サイズ B5変形(173×210mm)、120頁(カラー)

◆定 価 本体2,300円(税別)

ご購入はこちら

お知らせ

2019.07.17

7月15日、平安女学院のエディ・カフェで、「講座とクイズで祇園祭を楽しむ会」が行われました。

2019.07.09

7月6日(土)、大垣書店本店で永田美江子先生の刊行記念トークショーが行われました

2019.06.25

永田美江子先生の刊行記念トークイベントが大垣書店本店で開催されます!

2019.06.21

「しんぶんし あにまる アーティスト」である なんめんよしこさんの展覧会が開催されます

Facebook

白川書院オンラインショップ

年間購読のお申し込みはこちら