地元発、京を楽しむ大人マガジン

古くて新しい京都の魅力が京都らしさ。

その奥深き京都をヒト、モノ、コトの視点で掘り下げる京都通御用達の一冊。

それが月刊京都です。 

『月刊京都』年間購読

『月刊京都』最新号

No.852 2022年7月号 (6月10日発売)

表紙-2022-07月_o.l.data

祇園祭に再び出会う


美しかった動く美術館の姿 祇園祭、再びで、宵山や巡行の情景を振り返り、
山鉾図鑑 甦る! 鷹山で、本格的に祭りに復帰していく曳山の姿を取材します。
祇園祭 厳かなる神輿の姿で、今年に受け継がれる昨年の神事の一端を掲載し、     
祇園祭を写したお菓子で、祭りにちなんだパッケージもかわいい京菓子の数々を、
通りごとに紹介! 山鉾の宵山&巡行の魅力で、山鉾の美しさや見どころを紹介。
知っておきたい 山鉾の名称では、山鉾の細部を解説。祭りの詳細を伝えます。
    

                                                                                                                                        

一般書籍(最新刊、おススメ本など)

NEW! 京ことばポストカード Kyoto dialect postcard<5枚入り 京ことば解説付き>

人気イラストレーター中川学さんが、十年余り描いてきた『月刊京都』の表紙画に、暮らしの知恵が息づく「京ことば」をのせました。

地元初、京を楽しむ大人マガジン『月刊京都』(発行:白川書院)が2020年、創刊70周年を迎えた記念に、その京情緒あふれる表紙画をピックアップして、つくったものです。

宛名面には、「京ことば」の解説がつきます。
‟京の香り“を添えて、時節のお便りや友人への京土産に、「おひとつ、どぉーどすか?」

◆イラスト:中川学
◆デザイン:鷺草デザイン事務所
◆企画・文:山岡祐子

◆商品説明:5枚入 京ことば解説付き

・四条通宵山風景「祇園祭どすなぁ 暑おすなぁ」
・円山公園の祇園枝垂桜「円山は夜桜 心にも咲く懐かしい花え よう知らんけど」
・京美人「もうぉ だんさん いけのはたのずいきやわぁ」
・祇園白川巽橋「えらい、おやかまっさんどした」
・東福寺通天橋「おおーさぶっ よぅー冷えますこと」

ご購入はこちら


好評発売中! 御所西 乙女さんぽ

初めての御所西写真集!

京都御所を中心に西に広がる一帯は「御所西」と呼ばれ、平安京創建の頃から栄えた由緒ある土地柄です。

『御所西 乙女さんぽ』は、この「御所西」の美しいシーンばかりを集めた初めての写真集。

京都御所や御苑内の各施設、神社仏閣、伝統芸能や博物館、長い歴史を誇る教育施設など180点の選りすぐりの写真を掲載しています。さらに、この地にある史蹟の成り立ちや歴史、住まいした町衆のことなどもあわせてコラムで紹介しています。


◆著者 編集:「御所西乙女さんぽ」制作委員会/撮影:北奥耕一郎(日本写真家協会会員、京都観光おもてなし大使)/イラスト:中川学(白川書院/「月刊京都」表紙、汐文社/絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」挿絵など)

◆ISBN 978-4-7867-0083-5 C0072

◆サイズ B5変形(173×210mm)、120頁(カラー)

◆定 価 本体2,300円(税別)

ご購入はこちら

お知らせ

2021.07.12

京都の秋の風物詩となっているJR東海presents「都のかなでコンサート」が、10月9日(土)に開催されます。出演はヴァイオリニストの尾池亜美さんをはじめ、第一線で活躍する7人の奏者が出演。上賀茂神社の細殿を舞台に優雅なコンサートが繰り広げられます。

Facebook

白川書院オンラインショップ

年間購読のお申し込みはこちら

 外部リンク